審美歯科との関係

リンゴを噛じる

審美と矯正

矯正歯科と審美歯科を備えているという歯科があります。
虫歯や歯周病を治療する一般歯科と区別される、見た目を重視しつつ機能的なところも治療していく歯科。それが、矯正歯科と審美歯科なのです。
この2つの歯科の間には、同じ器具を使った治療が行われているという共通点があります。
考えてみれば、歯並びを矯正して治すことと、歯の審美性を考えるということは、認識的には共通したものであることがわかります。
歯並びの矯正は、審美歯科的に見れば、歯を美しく見せるための治療です。一方、矯正歯科的に見れば、それは歯の健康のために行われるものなのです。
歯並びが乱れていたりズレていたりすると、最終的には噛み合わせがわるくなって、肩や首に負担をかけることになり、甚だ良くないのです。

審美歯科の治療

矯正歯科と同じように歯並びの矯正も行う審美歯科では、その他にもさまざまな治療を行っています。
たとえば、歯の並びや形だけでなく、「色」に注目したホワイトニングという治療があります。
ホワイトニングは、その名もホワイトニング剤という薬剤を使って歯を白くするという治療です。上から白く塗るのではなく、歯についた色を抜くという考え方で行われるものです。
ホワイトニング剤とは、歯科用の漂白剤であるというわけです。
また、審美歯科のクリニックでは、薬剤を塗布した上で特殊な光を照射し、薬剤が歯に染み込みやすいようにします。これによって、短い時間で効率的に色を抜き、美しく白い歯をつくりあげることが出来るのです。