矯正の仕組み

インプラント

引っ張って戻す

矯正歯科では、いろいろな器具が使われ、治療方法が選択され、グチャグチャな歯並びをもとに戻すことが出来ます。
たとえば、今も昔も矯正歯科のスタンダードな方法として知られているワイヤー矯正。
これはワイヤーによって歯を1本1本縛り、それぞれ引っ張り合いながら最適な位置に並べるという方法で、矯正が行われます。
このワイヤーを使った矯正は、そのメタリックないかにもやってくれそうな感じを見ればわかるように、矯正歯科の治療の中でも確実性という点では最も高いもので、信頼されています。
世界中の矯正歯科で、この方法はスタンダードなものとして採用されているのです。
その他にも、マウスピースやインプラントといった器具、アイテムが用いられて矯正が行われています。

後ろから引っ張る

ワイヤー矯正に関しては、透明なワイヤーとかコンパクトなワイヤーとか、見た目に配慮したものがいくつか出ています。
というのも、特に若い人たちの間では「カッコ悪いから嫌」という身もフタもない意見が多いからです。
「見た目のことを気にする世代」と言っても過言ではない彼ら少年少女の意見を入れて作られたのがそれらのワイヤー矯正なのですが、最近ではもっと画期的な方法も発明されています。
歯の裏側にワイヤーを張り巡らし、表からは目立たないようにしようという方法です。恥ずかしくもないし、確実性は高いしということで、この方法は少年少女からの熱視線を浴びていますが、ただしちょっと費用がお高めになるというところだけは、考えなければならないでしょう。